Infomation新着情報

2022.02.16食事で腸内環境は整う!?

こんにちは!トレーナーのシュウヤです!
今回は悩んでいる方も多い【腸内環境】について解説します。この辺は悩んでいる方も多いと思いますので今回の記事がお役に立てれば幸いです!では早速本題に入ります!

腸内環境が大切な理由としては色々ありますが、メリットやデメリットを知ることでモチベーションも上がるかと思います。

腸内環境が良いメリット】としては、
・幸せホルモン(セロトニン)の7割は腸で作られるので分泌されることにより充実感や幸福感up
・免疫(白血球)の7〜8割は腸で作られるので免疫力up
・肌が綺麗になる
・基礎疾患の予防

逆に【腸内環境が悪いデメリット】としては、
・栄養吸収効率が落ち、太りやすくなる(代謝低下)
・肌荒れ
・食欲乱れによる食べ過ぎ
・脳との繋がりもあるので(腸脳相関)腸の炎症が脳に伝わり攻撃的な性格やイライラしやすくなったりなど

とまあこんな感じで挙げたらキリがないくらい実は体に物凄く影響を与えてるんです。。腸内環境を整える理由をざっとお伝えしたのでここから腸内環境を整える方法について解説します。


腸内環境を整える為には【腸内細菌のバランス】を整える事が重要になってきます。腸内細菌のバランスとしては、
・ 約6割近くが食生活
・生活習慣
・年齢
・遺伝               ...etc

などこの辺が大きく関わってきます。

腸内細菌にアプローチする為に食事が大切というのはお分かり頂けたかと思います。なので今回は腸内細菌を整えるための食べ物や栄養素などに絞って解説したいと思います。腸内環境を整えるためには睡眠や自律神経、ストレスなどその他にも色々関わってきますのでその辺はまた次の機会に解説しますね!


腸内環境を整える上でまず、【悪いものを控える】これが凄くポイントになってきます。悪いものを取り続けていると良いものの吸収を邪魔してしまいます。控えた方が良い食べ物として、

・小麦製品
・乳製品
・オメガ6(牛や豚、サラダ油など)
・砂糖
・人工甘味料

この辺はかなりポイントになってきます。でもこの辺って美味しいですし好きな方多いと思うんですよね。なのでまずは頻度を減らすからでも良いので少しづつ試してみてください!

摂った方がよい食べ物や栄養素としては、
・果物全般(キウイやリンゴ、バナナ特にオススメ)
・タンパク質(鶏や魚、大豆製品など)
・海藻類(ワカメやひじきなど)
・豆乳ヨーグルト
・発酵食品(キムチや納豆など)
・良質な脂質(アボカドやサバやイワシなどの魚類、えごま油やアマニ油)などです。


腸内環境の為に野菜を意識される方も多いと思いますが、気をつけて欲しいのが野菜の摂りすぎです。野菜の多くは不溶性食物繊維といい便のカサ増しにもなりますが、便秘の方は出ない量が増えることになる可能性もあります。


今回は腸内環境を整える理由や食事による整え方を解説しました。腸内環境には上記でも述べたストレスや自律神経の乱れ、生活習慣など他にも色々関連してきますので次の機会にこちらも解説しますね!最後までご覧頂きありがとうございます!!

CONTACT

お問い合わせ

南風原町兼城のパーソナルトレーニング「seek studio(シークスタジオ)」では、
様々な角度からお客様のライフスタイルに合わせたトレーニングを提供いたします。
初回体験随時受付中です。お気軽にお問い合わせ下さい。